「dygoの作品関連」カテゴリーアーカイブ

褐色アフタヌーン

FH030018_大吾おまる
ぼ~んとぅびぃ~わぁ~あぁ~あぁ~あい♪

僕のファースト・アルバム「黄色い電車にのって」収録曲の中で、
一番最初に書いた曲が「褐色アフタヌーン」。

その頃、たまたま尾崎豊をよく聴いていて、
自分も「15の夜」「僕が僕であるために」みたいな
魂のこもった熱い歌を作ってみたいな、と思ったのだ。

ギターでコードを弾きながらメロディと言葉を当てはめていく。
なかなかいいメロディが浮かんできた。問題は歌詞だ。

僕は尾崎豊と真逆で、子どもの頃から先生も大人も好きだし、
社会のルールは尊重するタイプの人間なのだ。

盗んだバイクで走りだして校舎の窓ガラス壊して
きしむベッドの上で優しさを持ち寄っちゃうような歌詞が出てこないのだ。

じゃあ、僕は一体何に不満や憤りを感じているのだろう?

「ウンコが詰まって流れない便器」だ。
あれは怖い。その場を離れたいけど離れられないあの葛藤。

そして書き上げたのが「お願いさ便器ちゃん」。
後に「褐色アフタヌーン」に改題した。

というわけで、今回は「褐色アフタヌーン」を歌詞と一緒に公開するぜぃ。
寝起きで録ったボーカルが、最初から最後まで激しくフラットしているのが悔やまれます。
とはいうものの、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。


====================
褐色アフタヌーン
Brown Afternoon

作詞作曲編曲演奏 DYGO

便器に腰掛けでかいウンコする
ひとときの快感その後にウンコが詰まって流れない
便所は褐色の修羅場

流しても流しても 水かさが増していくだけ
便器に冷たく浮かび漂うカレーの王子さま
あせる僕をおちょくってる

こま切れになった大便のかけらと溶けていく白い紙
僕の願いを裏切るように虚しく漂うだけさ

だけどべんべんべんべん便器よ
お願いさ その口で
僕のうんうんうんうんウンコを
飲み込んでおくれ

詰まったままじゃ僕はここを立ち去れない
お願いさ東陶の白い便器よ

もうすぐ授業が始まるけれど
冷たい男子便所の中 詰まった便器は答えない
チャイム哀しく響く

ケツを念入りに拭き過ぎて紙が詰まってしまったのか
それともただ僕のウンコがあまりにも大き過ぎたのか

だけどべんべんべんべん便器よ
お願いさ その口で
僕のうんうんうんうんウンコを
飲み込んでおくれ

こんな試練に僕はとても耐えられない
お願いさ東陶の白い便器よ
====================

耳に残る素晴らしい歌詞とメロディですね。
仕事中や勉強中に、思わず「べんべんべんべんべんきよ~♪」と口ずさんでしまい、
自己嫌悪に陥るあなたの姿が目に浮かびます。

全部ウソです。間違いなく「つまらない歌」ではないですね。

帰ってきた「帰国子女のよっちゃん」

R0013525_yatsu
カリフォルニアの空…じゃなくて千葉県習志野市谷津の空。
--------------------
2007年5月27日のエントリーに、
むぎすけどんさんからこんなコメントが寄せられました。
--------------------
「黄色い電車は小学校の頃、よく聞いてました
発音が一味違う帰国子女のよっちゃんにもう一度会ってみたいです!」
--------------------
このむぎすけどんという方、いったい誰なのでしょう?
僕のファースト・アルバム「黄色い電車にのって」を小学生の頃に聞いていたとは!
もう15年ぐらい前の作品なので、とっくにこの方も20歳は越えていらっしゃいますね。
「帰国子女のよっちゃん」は、このアルバム収録曲の中でもかなり人気の高かった曲。
人から人へと伝わり、当時の早稲田大学のアカペラサークルに所属していたグループ「大相撲刑事(オオズモウデカ)」にもカバーされたという、不思議な曲でもあります。
この曲をカバーした「大相撲刑事」の人たちとは一度も会ったことも話したこともない。
時期を計算すると、ゴスペラーズとほぼ同期のはず。
彼らはこの曲のほかにも、僕の代表曲である「悲しき乳房~Dカップのカノン~」という、豊胸手術でAカップからDカップになった女の子の気持ちを歌った曲もカバーしてくれた。
僕の曲を2曲もカバーしてくれたセンスのよい青年たちなので、アラフォーになった今も、社会で大活躍しているに違いない。
大相撲刑事のメンバーだった人、これを見つけたら声をかけてください。会いたいです。
というわけで、今回は「帰国子女のよっちゃん」を歌詞と一緒に公開するぜぃ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
帰国子女のよっちゃん
Yoshiko from Chicago
作詞作曲編曲演奏 DYGO
夏休みが終わり 転入生が一人
僕の組にやってきた みんな君を見ていた
お父さんの都合で シカゴに3年住んで
英語がペラペラだという君は 人気の的
帰国子女のよっちゃんはシカゴ帰り大和撫子
帰国子女のよっちゃんはポニーテールの歩く辞書
林檎はApple 人々はPeople
鉛筆はPencil マイケルはMichael
発音が一味違う帰国子女のよっちゃん
やってくる文化祭 心踊る15歳
僕の組の出し物 英語劇の「桃太郎」
チビの僕はサルの役 キビ団子を食べ歩く
桃太郎は当然君 夢のような鬼退治
帰国子女のよっちゃんはシカゴ帰り大和撫子
帰国子女のよっちゃんはポニーテールの歩く辞書
おませなVenus 胸元Gorgeous
見つめてFocus もう僕はNervous
発育が一味違う帰国子女のよっちゃん
帰国子女のよっちゃんはシカゴ帰り大和撫子
帰国子女のよっちゃんはポニーテールの歩く辞書
林檎はApple 人々はPeople
鉛筆はPencil マイケルはMichael
発音が一味違う帰国子女のよっちゃん
金星はVenus キリストはJesus
肛門はAnus 交尾はSex
やることが一味違う帰国子女のよっちゃん
====================

素晴らしい!
一見普通に見える歌詞も、よく見ると徹底的に韻を踏んでいたりして、技術的な自己満足度も高い作品ですね。
ちなみに、これは「黄色い電車にのって」に収録されていたものとは別バージョンで、歌詞やギターソロが少し異なります。
もともと2番の歌詞の最後は「金星はvenus~やることが一味違う」だったのですが、僕がコミュニティFMの番組にゲスト出演する時に流すことになったので、急遽「おませなvenus~発育が一味違う」という詩に書き換えて、下ネタ度を緩和したものです。今回のバージョンでは一番最後にオリジナル歌詞の「金星はvenus~」が入っています。ノーカット完全版ってことですね。
全部ウソです。そういえばよっちゃんは今どこで何をしているのかな?

「五月のニーナ」とダジャレ男の素敵な一人旅

nina.jpg
振り向かないでいいんだよ 後ろ姿を焼き付けるから…
5月27日は、古い女友達の誕生日だ。特別に親しかったわけではないのだが、誕生日だけは忘れずに覚えている。
なぜかというと、以前その人の誕生日をヒントに「五月のニーナ」という曲を書いたことがあるからだ。ただのダジャレなので、その人の名前はニーナでもなんでもない。
学生時代、曲作りのネタに行き詰ると、当時周りにいた友人達の名前をモチーフに、妄想を膨らませて作ったりしていた。
当時よく遊んでいた仲良しグループにエミちゃんという子とヨシコちゃんという子がいたので、「Amy(エイミー)」「帰国子女のよっちゃん」という曲のタイトルを考えた。タイトルを先に決めてからストーリーやメロディを考え出すという暴挙。で、実際にできあがった歌の内容は、本人達と全然関係がない。
「Amy」では、ふられた男がストーカーまがいの行動に出る英語の歌だが、僕とエミちゃんは付き合ってたわけでもなく、「帰国子女のよっちゃん」はシカゴ育ちのちょっとエロチックな女の子の歌だが、実際のヨシコちゃんはとてもまじめな学生だった。
この「五月のニーナ」でも、ある別れの情景が描かれているが、僕とニーナ(のモチーフになった人)とは付き合ったことなど一度もない。
とりあえずお誕生日おめでとうということで、昔録音した名曲「五月のニーナ」を歌詞と一緒に公開するぜぃ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
五月のニーナ
Nina
作詞作曲編曲演奏 DYGO
スーツケースより小さな君 明日の今ごろは海の向こう
君を待ってるあの人に よろしく伝えてと作り笑い
若葉の緑輝くころ 無邪気な君はおとなになる
五月のニーナ 君だけを追いかけていた あの日から
振り向かないでいいんだよ 後ろ姿を焼き付けるから
届いた手紙と君の写真 僕の宝物 海の向こう
「僕ならなんとかやってます」手紙なら隠せる作り笑い
若葉の緑輝くころ 誰かの君はおとなになる
五月のニーナ 君だけを追いかけていた あの日から
二十歳になった君だけに この歌うたう 遠くから
五月のニーナ 君だけを追いかけていた あの日から
五月のニーナ 忘れない 心に咲いた白い花
一人で僕は歩き出す 二人の時計止めたまま
====================

う~ん、これは泣ける! アルバム「黄色い電車にのって」のラストを飾る極上のバラード、素晴らしいと思います。
当時のメモには「激しい腹痛で部屋から一歩も動けない時に書いた」とあります。そんなことを微塵も感じさせない優雅な曲ですね。「ピンチもウンチもチャンスに変える」そんなポジティブな自分に感動します。
それにしても、好きな人を駅や空港まで見送りに行くのって、とても切ないもんですよね。
全部ウソです。本当は振り向いてほしいんです。

褐色アフタヌーン:ウンチかウンコか?

brownafternoon.jpg
僕とスッポン
「女の子がウンコなんていうなよ…。せめてウンチっていえよ…」
彼女に気品を求める男子、リンリンきませんか? by だいごー:りー
全然きません。
最近、多くの女友達から、彼氏にこう注意されたことがあるという話を聞いて愕然とした。
そんなエセ上品な男子こそウンコ野郎だ。さっさと捨ててしまいなさい。
僕は「ウンコは下品だけどウンチならかわいいから許される」という考えに断固反対である。
「私はウンコともウンチとも言いません。必ず“便”か“お通じ”といいます」という人ならリスペクトできる。
だが、ひとたび大便を「ウン…」とまで言ったら、コだろうがチだろうが同じ次元だろう。それこそ目くそ鼻くそだ。糞だけに…。
赤ちゃんの便だけはウンチと呼んでも許そう。
だが、オトナの大便を表すウで始まる言葉はウンコであるべきだ。
キレイ>>>>>>>>>>キタナイ
で並べれば、
便>ウンチ>>>>>>>>ウンコ
ウンチ>便>>>>>>>>ウンコ
ではなく、現実は
便>>>>>>>>>ウンチ=ウンコ
だろう。
auの絵文字にとぐろを巻いたウンコマークがあるのだが「うんち」で変換できるのに「うんこ」では変換できない。しかもauからDoCoMoに「あの映画ちょ~ウンコなんだけど」と絵文字を使ってメールしても、勝手に「あの映画ちょ~[うんち]なんだけど」に変換されてしまう。
ここにも「ウンコは汚いけどウンチはきれいだから許される」という根拠のない言い訳が潜んでいる。KDDIさんは、ウンコの絵文字を標準搭載するという粋な面も持っているというのに…。そんな偽善的な上品主義を掲げられるとがっかりだ。auはW61シリーズまでに「ウンコ」でウンコ絵文字が出るように改善すべきである。ワンセグよりウンコが先ケツだ。
ウンチを容認するならウンコも容認せよ。
ウンコは下品で口にできないというなら、ウンチも下品だ口にするな。
地方や世代によっても感覚が違うのだろうが、これが私のウンコ論である。
ばいざうぇい、ウンコの話をしていたら、学生時代にレコーディングした「褐色アフタヌーン」を思い出したので、歌詞と一緒に公開するぜぃ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
褐色アフタヌーン
Brown Afternoon
作詞作曲編曲演奏 DYGO
便器に腰掛けでかいウンコする
ひとときの快感その後にウンコが詰まって流れない
便所は褐色の修羅場
流しても流しても 水かさが増していくだけ
便器に冷たく浮かび漂うカレーの王子さま
あせる僕をおちょくってる
こま切れになった大便のかけらと溶けていく白い紙
僕の願いを裏切るように虚しく漂うだけさ
だけどべんべんべんべん便器よ
お願いさ その口で
僕のうんうんうんうんウンコを
飲み込んでおくれ
詰まったままじゃ僕はここを立ち去れない
お願いさ東陶の白い便器よ
もうすぐ授業が始まるけれど
冷たい男子便所の中 詰まった便器は答えない
チャイム哀しく響く
ケツを念入りに拭き過ぎて紙が詰まってしまったのか
それともただ僕のウンコがあまりにも大き過ぎたのか
だけどべんべんべんべん便器よ
お願いさ その口で
僕のうんうんうんうんウンコを
飲み込んでおくれ
こんな試練に僕はとても耐えられない
お願いさ東陶の白い便器よ
(注:実際のTOTO便器は非常に高品質なので通常の使用条件で詰まることは絶対にありません。)
====================

授業に行く前の朝に慌てて録音したのでボーカルの元気のなさとフラット具合がひどすぎるのだが、それでも素晴らしい曲だ…。生まれて初めて作った曲でもあるので思い出深い。
「尾崎豊のような曲を作りたい!」というテーマで始めたのだが、当時の僕はまったく不自由もなく社会やオトナへの不満もなかったので、自由を求める歌詞など書けず、結局自分の経験をベースにした歌詞に落ち着いた。ところどころ、わずかだが尾崎豊的な熱いメロディラインが出てきて、ちょっと目頭が熱くなる。
全部ウソコです。僕はよく紳士的と言われます。

励ましておめでとう~永遠の19歳~

drummingdygo.jpg
今年はこんな感じでね…。
はげましておめでとうございます。
今年もオモシロオカシク過ごしましょう。
「打って打って打ちまくり、どんなものでも響かせる」
そんな年にしたいと思います。
さて、せっかくのお正月なので、昔書いた「励ましておめでとう~永遠の19歳~」という曲のデモ録音を歌詞と一緒に公開するぜぃ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
励ましておめでとう~永遠の19歳~
New Year’s Day
作詞作曲演奏 DYGO
ハゲでごめんなさい でも話聞いてちょうだい オチはないけど
酒は好みじゃない永遠の19歳 餅は大好き
届いた年賀状繰り返し数え 何も考えないで休むつもりだけど
どうしてなんだろう? 最近何度も血眼で部屋の模様替えするの
部屋はかなり散らかってるけど なにがどこにあるかわかってるよ
映画みたいな恋に落ちて輝きたい 普段着のまま
今年こそできるかな
冷え性の手足に容赦のない冬の日 暖房も故障 
「健康にいい野菜 欠かさずに食べなさい」母は言うけど
ボロ家でラーメンを茹でる一人暮らし
息を吹きかけないでスープすすり火傷
どうしても寒い夜は 黙って腕立て伏せして温まるの
明日久しぶりに仲間と 洒落た出会い求め戦うよ
深夜テレビつけっ放しで 諦めない理想を描く
今度こそできるかな
部屋でやることいっぱいあるけど 引きこもる事は好きじゃないの
行きたい場所や やりたいことは 一人でなら大体試した
映画みたいな恋に落ちて輝きたい 普段着のまま
映画みたいな恋に落ちて輝きたい 普段着のまま
今夜はもう寝ようかな
====================

クスッと笑える素晴らしい曲だ…。
すきま風が吹く木造アパートに一人暮らしだった時、ちょうど大雪の日にエアコンが壊れて凍死しそうになった。まさに地獄から産み出された歌だ。
本当はこういう生真面目そうなか細い声じゃなくて、奥田民生みたいなベタ~ッとした声で歌われた方が、この曲の意図が伝わると思うのだが…。まぁいいや。
全部ウソです。 今年も、本当のことは絶対に言いません。

遠距離恋愛と「魔法の靴」

pinocchio_magicshoes
I don’t know why you say goodbye, I say hello…
遠距離恋愛している男の子や女の子を何人か見てきた。
遠距離恋愛の90%は壊れる。また、壊れなかった10%の中にも、どちらかが浮気をしたけどバレてないだけのケースも多々あり、本当に無傷で生き残るのは5%だ。
「あら、ずいぶん悲観的なのね」とあなたは言う。
そうではない。現実を知ってこそ、成功への対策を講じることができる。
恋愛にセオリーはないが屁理屈は腐るほどある。
その屁理屈のひとつを、まじめに遠距離恋愛をする男性諸君に送ろう。
それは…
「1度でも多く、とにかく会いなさい」
彼女がパリに留学して半年に1回しか会えないのなら、2回会えるように努力。
大阪に彼女を残して上京したのなら、毎週末新幹線。たまに親戚の葬式をでっち上げろ。
そして「会う努力」に対しての見返りは求めてはいけない。
ちょっとしたケンカの時に「せっかくパリまで飛んできたのに、そりゃねーだろ」とか「俺ばっかじゃなくてお前もたまには東京に来いよ」とか、仮に思ったとしても口にしてはいけない。
毎日の電話やメールやチャットは当然だ。ただそれに甘んじてはいけない。
「僕たちは信じ合っているから距離なんて平気さ」「僕の彼女は寂しさのあまり浮気するような子じゃありませんから。」は禁物だ。
会えば、わかる。いろんなことが。
言い換えれば、メールやチャットではわからないことがたくさんある。
会ってわかることは、ポジティブなことかもしれないし、ネガティブなことかもしれない。
でも、成功させたいんだろ、遠距離恋愛を。だったらとにかく会いなさい!
こうして遠距離恋愛を生き抜いた時、1度でも多く会おうとした努力は決して無駄ではなかったと思えるはず。
仮に何かの理由で関係が壊れたとして、一番むなしい後悔は「あ~、俺たちホントにうまくいってたのに、距離のせいだけで別れてしまった」という後悔だ。そして「本当に距離“だけ”が理由だったのだろうか? だったらなんで俺もっとがんばらなかったんだろ?」と自問自答して、もっと凹むぞ。
自分が「距離」を言い訳にしないためにも、とにかく会うことが重要。
みなさんの遠距離恋愛成就を心より祈っております。
Have a nice flight!
ばいざうぇい、遠距離恋愛とは全然関係ないんだけど、昔書いた「魔法の靴」という曲の、仮歌が録音された古いカセットテープが出てきたので、歌詞と一緒に公開するぜぃ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
魔法の靴
Magic Shoes
作詞作曲編曲演奏 DYGO
座ったままでも週末はやって来て
考え込んでるうちに昨日へ消えてく
明日も明後日もそのまた次の日も
晴れるのはわかってる 確かなのはそれだけ
退屈な夜も この靴があれば
好きなだけ遠くへ行ける
君の家へも たぶん…
くだらない話で君を安心させたい
今君は微笑んだ 声だけでもわかるよ
大切なことは信じあうことで
星達も僕らを見てる
君と僕なら たぶん…
明日も明後日もそのまた次の日も
君のこと想ってる 言いたいのはそれだけ
====================

う~、泣ける!
久しぶりにウソ泣きしてしまったよ。
この曲を書いた頃、よくベニス・ビーチ~サンタモニカ・ビーチをローラーブレードで疾走していたので「魔法の靴」なんて言葉がでたのでしょう。小さい頃、チャリンコでどこまででもいける気がしたものだけど、ローラーブレードでも似たような感覚がありました。
砂浜を横目に突っ走りながら「このまま太平洋も越えられちゃったりなんかして~うふっ」みたいな。
真夏のLAは絶対に雨が降らない。今思えば、唯一確かなものが天気だったなんて、なんか皮肉な話ですわん。dygoワールドは不快…じゃなくて、深い!
全部ウソです。僕は至近距離恋愛の達人です。

はげゆく青年

dygo_goldengatebridge
股合う~暇で~ 会えるぅ~時まで~♪
学生の時、かっこいい後輩のアドバイスを真に受けて、髪を脱色することにした。
いわゆる、おうちで簡単にできる脱色キット、というやつ。
薬品を5分か10分ぐらい髪につけてなじませるっていうやつだったと記憶している。
説明書を読み、髪に薬品をつけ、髪の毛をもんでいたら、友達からの電話が鳴った。
髪を揉むのに忙しかったので、手ぶらで話せるスピーカーフォンで出た。
電話口の彼がこう切り出した。
「実は、俺の彼女がピンサロでバイトしてたんですよ…」
気がついたら、髪の毛をもみもみしながら、彼と1時間以上電話で話してしまった。
頭皮がピリピリと痛んでいたのだが、なんかヘアートニックみたいで気持ちよかったので。
電話が終わってシャワーで流したら、ものすごい量の髪の毛が抜け落ちた。
毛髪25%減。
ハゲた。
脱色した髪も不評だった。当時気になっていた女の子からも「黒髪のあなたの方が好きだわ」などといわれたので、数週間で毛染めを買いに行った。
毛染めを使ったら真っ黒に戻ったけど、これもまた薬品なのでさらに大量の毛が抜け落ちた。
毛髪35%減。
火に油を注いだ僕…。
その後、ある程度は持ち直しましたが、あの時のショックは忘れられません。
このウソ経験談とは関係ないのですが、ちょうどこの頃、ハゲる恐怖を描きたくて「はげゆく青年」という曲を書きました。
この「はげゆく青年」という曲、仮歌を録音した古いカセットテープが残っていたので、歌詞と一緒に公開するぜぃ。
4小節のドラム・ループにエレキギター弾きながら歌っただけの「エレキ弾き語り」スタイルで、ボーカルも雑だけど、なかなか内容の濃い歌だ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
はげゆく青年
Mr. Baldy
作詞作曲編曲演奏 DYGO
かなりヤバいぜ 髪が抜けてく
俺のおでこが広くなっていく
ただでさえモテないのに
まだ20代なのに
あの娘は言った
「ハゲとデブには市民権はない。
だって気持ち悪いじゃない。」
だがこのままでは
諦められないぜ
叩け! 叩け! 叩いて増やせ!
叩け! 叩け! はげゆく頭!
風に吹かれて髪が抜けてく
俺の彼女も通り過ぎてゆく
嗚呼、神よ助けて
あと20年おくれ
ワカメ ワカメ 毎日食べろ!
ワカメ ワカメ ないなら昆布!
叩け! 叩け! 叩いて増やせ!
叩け! 叩け! はげゆく頭!
抜けた髪が戻るのならば
スネ毛 ワキ毛 チン毛はいらねぇ!
====================

オープニングのなんちゃってギターを聞いていると、脱毛への恐怖で頭をかきむしる姿が浮かんできます。
全部ウソです。僕はふさふさぼうぼうです。

負け犬倶楽部へようこそ!

makeinu01
負け犬倶楽部ファイトクラブLA支部のメンバー
言えないよ~好きだな~んて~♪
なんて甘いことを言っている負け犬たちに次の言葉を送る。
“He who hesitates, masterbates”
アメリカの格言風スラング・フレーズ。
直訳すると「ためらうやつはマスをかく」
「あらdygoちゃん、また下ネタ? いいかげんにしたら?」
しゃらーっぷ!! この言葉の深さをかみしめろ~。
「行動しないとあんたいつまでも独りですよ」ということね。
僕の大好きな邦画「運命じゃない人」にも同様の主旨のセリフがある。失恋してウジウジしてる主人公の負け犬君に、幼なじみの親友である探偵の男が説教するシーンだ。
記憶を頼りにアレンジして引用すると、確かこんな感じ。

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

探偵:お前この前の合コンで知り合った子に電話したか?
負け犬君:してないよ。だって電話番号聞かなかったもん。
探偵:なんで聞かなかったんだよ? お前気に入ってたじゃんか!
負け犬君:いや…。聞き出すタイミングがなくてさ。
探偵:ねーよ、そんなの。お前が作るんだよ、タイミングなんて!

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

まさに!
“He who hesitates, masterbates”

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

探偵:じゃ、とりあえずナンパでも行くか?
負け犬君:いやいや、大学生じゃあるまいし。
探偵:大学生じゃないから行くんだよ! 大人になったらもうクラス替えとか文化祭とかないんだよ。自分でなんとかしないとずっと独りぼっちのままで終わるぞ、お前。
負け犬君:だからってナンパはないでしょ…。ああいうのは技術とか、そういう才能とか必要じゃん。
探偵:いらねーよ。人と出会うのに技術なんて!

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

りぴーとあふたーみー!
“He who hesitates, masterbates”
と、ここまで力説していたら「負け犬倶楽部」という、遠い昔に書いた曲のことを思い出しました。しかもこの曲、古いカセットテープに仮歌を録音したものが残っていたので、歌詞と一緒に公開するぜぃ。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
負け犬倶楽部
We Are No Losers!
作詞作曲編曲演奏 DYGO
ビートルズの歌 歌おうよ 君がポールで僕がジョン
夜明けが来るまでハモろうよ 哀しい愛の歌
「Hello Goodbye」も「For No One」も ハマり過ぎていて泣けるのよ
朝日とともに「Hey Jude」 励ましておくれよ
ついてないことばかりでも落ち込んじゃだめだよ
ルックス&ロマンスはだめだけど僕らには歌がある
時には恋の傷を舐め合うのもいいじゃないか 素敵じゃないか
寂しい君も僕も負け犬だね しょうがないね
歌に想い ぶちまけよう
美人に縁はないけれど いい娘はたくさん知っている
小さな車で行こうよ あの娘の住む街へ
恋人未満ばかりでも落ち込んじゃだめだよ
セックスしたことがなくっても僕らには歌がある
優しい男たちが泣き出すのもいいじゃないか 素敵じゃないか
寂しい君も僕も負け犬だね しょうがないね
歌に想い ぶちまけよう
時には恋の傷を舐め合うのもいいじゃないか 素敵じゃないか
寂しい君も僕も負け犬だね しょうがないね
歌に想い ぶちまけよう
ビートルズの歌 歌おうよ 君がポールで僕がジョン
夜明けが来るまでハモろうよ 哀しい愛の歌
====================
音がAMラジオみたいに酷くこもっているのは、当時、カセットデッキがが壊れていたので、スピーカーから出る音にウォークマンを近づけて録音したから。
makeinu02
この曲は発表当時からDYGOマニアの間では人気の高い楽曲。
ウクレレで弾き語りしても気持ちいいよ。
恋多き男の子たち! こんな倶楽部に入って傷を舐め合ってちゃダメですよ。
歌うヒマがあったら外に出ましょう。
くどいようですが…
“He who hesitates, masterbates”
「ためらうやつはマスをかく」
…とエラそうなことを言ってる僕ですが、最近ではマスをかくのにもためらいがちです。
明らかに全部ウソです。

おいらは黄色いちっちゃなバナナ

bananadygo
ヅラにしか見えないけどバナナは体にいいんだよ~♪
学生の頃の話だ。
年下の友人が死にそうな顔でこう切り出した。「実は、俺の彼女がピンサロでバイトしてたんですよ…」
「今思えば…」と彼は続けた。「ちょっと前から、けっこう高い買い物をするようになったな、とは思っていたんですよ。俺にシャネルの香水なんかプレゼントしてくれちゃって。今じゃ、これ使えないっすよ。この香水が何でできていると思います? この瓶に入ってる液体、もう俺には別の液体にしか見えないんっすよ…(ため息&沈黙)」
その頃まだ僕はとても純粋だったので、その話にものすごくショックを受けた。
そこそこ名前のある都内の私立四年制大学に通う普通の女の子。経済的な事情があるわけでもなく、彼氏も優しくてマジメでかっこいいのに、そういうバイトを選ぶなんて…我々の住む世界はなんて汚れているんだ…、と。
今の僕はほどよく汚れてしまったので、今こういう話を聞いてもあまり驚きませんが。
この友人の話と関係があるかどうかはわかりませんが、この話を聞いた少し後に「バナナ」という曲を書いた。
みんな仲良くしてほしいな~、という世界平和の祈りを込めた社会派ソングだ。
この「バナナ」という曲、古いカセットテープに仮歌を録音したものが残っていたので、歌詞と一緒に公開するぜぃ。
この「バナナ」と「はげゆく青年」が、幻のセカンドアルバム「裸の調べ」の先行両A面シングルとして、アメリカ西海岸とアフリカのザンビアで大ヒットを記録しました。
例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
バナナ
作詞作曲編曲演奏 DYGO
おいらは黄色いバナナだよ お猿さんとは友達さ
南の風に揺られてのんびりとぶら下がってる
バナナは体にいいんだよ 食べやすくて美味しいんだよ
手にとって皮をむいたら 笑顔のままでほおばって
長いバナナに 固いバナナに
とがったバナナに 曲がったバナナ
色々あるけどお好みどおりのバナナを選んでね
おいらは黄色いバナナだよ 椰子の実とはお隣りさ
大きな葉っぱの陰でのんびりとぶら下がってる
バナナはお金になるんだよ 欲しい物が買えるんだよ
手にとって皮をむいたら ためらわないでほおばって
黒いバナナに 臭いバナナに
狂ったバナナに 腐ったバナナ
嫌々言わずにマニュアルどおりにバナナをくわえてね
黒いバナナに 白いバナナに
おいらは黄色いちっちゃなバナナ
色々あるけど嫌々言わずにバナナをくわえてね
バナナバナナバナナバナナバナナバナナバナナバナナ
バナナバナナバナナバナナバナナバナナバナナバナナ
====================

最後のオモチャみたいな声は僕です。特殊な機械を使わずに生で出してます。
前奏と間奏のメロディには、せっかくなので「尺八」の音色を使いました。
「NHK みんなのうた」に使ってもらって、紅白に出るのが夢です。
その時は黄色組で出場します。
最後になりましたが、皆さんの魂の平和を願っています。
全部ウソです。

ペンギンと人間

asahiyama01
ガラスの向こうのペンギンたち。
生まれて初めて訪れた北海道の旭山動物園は、大雨&大風&極寒の3重奏。
ペンギンを見ただけで15分で退園。あぁ、なんてもったいない。
動物園、本当は大好きです。Los Angeles動物園の年間パスを持っていたぐらいですから。San Diego動物園に初めてパンダが来た時は、1人で3時間運転して見に行きました。
asahiyama02
孤独な人間
ばいざうぇい、昔書いた名曲「ペンギン」のデモ録音が収録されたボロボロのカセット・テープが出てきたので、パソコンに取り込んでみたよ。
この「ペンギン」は、幻の2ndアルバム「裸の調べ」(未発表)の1曲目。まさにオープニングを飾るにふさわしいロックな曲。とても懐かしいので歌詞と一緒に公開するぜぃ。例によって、歌唱力をはじめとした些細なことには目をつぶったほうが楽しめるよ。
====================
ペンギン
作詞作曲編曲演奏 DYGO
老け顔だけどまだ20代前半
顔色悪いけど酒も煙草もやらない
いかつい顔だけど涙腺がちょっとゆるい
カラオケ好きだけどうまく歌えない
泳ぐよ 今日も君を笑わせたくって
君の手のひらの上で泳ぐよ
笑ってみても痛みは消えない
真顔で言っても信じてもらえない
勇気を出しても自信がないから
思い焦がれても諦めが早い
泳ぐよ 今日も君を抱きしめたくって
君の手のひらの上で泳ぐよ
癒えない傷と 見えない心と
言えないひとことを 笑って蹴飛ばせ
たいした取り柄もないただのチビだけど
せっかく描いた絵を褒めておくれよ
僕はきっと昔ペンギンだったんだ
泳いでりゃいいのに飛ぼうとしている
泳ぐよ 今日も孤独ごまかしたくって
誰もいないプールで泳ぐよ
水かきもバタ足も空回り
====================

リピートして聴いてみると25回目あたりで涙が出てきます。勇気のあるみなさんは試してみてください。
歌詞はdygoお得意の大ウソですが、当時は大学のプールで毎日泳いでいたので、そこから「泳ぐ」なんてフレーズが出てきたんでしょう。
今後も、古いカセット・テープが出てきたらパソコンに取り込んで保存していこうかと思っています。
ちなみに、動物園で最も好きな動物はゴリラ。その理由についてはまた別の機会に…。
全部ウソです。行間を読む必要はありません。