「散歩が趣味なんだよ♪」カテゴリーアーカイブ

日本橋よ永遠に…

R0013971_nihombashi01
日本橋。

千葉県育ちなので東西線と銀座線の乗り換えに日本橋駅をよく使いました。
しかし、日本橋の街そのものを歩いたことがなかったので、
東京駅からふらふらと歩いてみました。

立派な橋なのですが…。
R0013974_nihombashi02

真上をでっかい高速道路が横切って残念なことになっています…。
R0013980_nihombashi03

高度成長期のダークサイドですね。

しかし日本橋自体が壊されずに保存されていることに
感謝すべきなのかもしれません。

橋の手前には鳩の大群が。
R0013988_nihombashi04

怖いよ~!
R0013993_nihombashi05

写真撮ってるおぢさんもいたよ。
R0013999_nihombashi06

歳のせいか、古いものをできるだけ残してほしいという思いが強くなってきました。

例えばいつの日か「東京タワー、老朽化のため解体」なんて言われたら悲しくなります。

全部ウソです。僕も順調に老朽化しています。

菜の花畑に入日薄れ~♪

R0011690_hamarikyu01
ハマリQ。
GR DIGITAL IIで撮影。
もともとは徳川家の庭園だったのだが、今では電通の庭園となっている。
東京湾の水を引いているので、ここの池の水はしょっぱいらしい。
桜も綺麗だ。
FH000014_hamarikyu02
NIKON FM3A+Ai-S Nikkor 24mm/F2で撮影。
通常は5時閉園なのだが、4月の初旬だけは夜9時までオープンして八重桜をライトアップしている。
FH010031_hamarikyu03
CANON EF+NFD 24mm/F2で撮影。三脚なしで8秒露光したからブレてる。
ちょっと寒いけど快適な春の夜。
都内とは思えない深い緑。
R0014021_hamarikyu04
GR DIGITAL IIで撮影。
一番の目玉はライトアップされた八重桜なのだが、写真が全部ブレてて失敗。
電通ビルには「交通安全」の文字。そんなことより節電したまえ。
R0014092_hamarikyu05
文字を見上げながら歩いていたらタクシーに轢かれそうになった。
汐留から新橋駅に向かうオシャレ地下道。
R0011727_hamarikyu06
鍾乳洞みたい。
全部ウソです。僕の頭は通年ライトアップしています。

菜の花畑にインリン訪れ~♪

R0013624_golden_softcream
黄金のソフトクリーム。
気がつくとなぜか僕はまた浅草にいた。
もんじゃ焼きでも食おうかと思ったのだが、ふと目に付いた水上バスに飛び乗ってしまった。
なんと生まれて初めての東京湾水上バス体験。
ヒミコとウンコ。
R0013639_himiko&unko
水上バスの「ヒミコ」は松本零二がデザイン・プロデュースをした超未来形の水上バス。かっこいい!
機械の体をもらいに行けそうな気がします。
楽しいガイドを聞きながら、いくつもの橋をくぐり抜けていく。
FH000006_eitaibashi01
なかでもこの永代橋は、船との距離が超近いことで有名。
スターウォーズのスターデストロイヤーが通り過ぎる時のような威圧感。
FH000008_eitaibashi02
お客さんたちも思わず「おぉ~」と声をあげる。
心細い連絡通路。
FH000014_renrakutsuuro
コミュニケートする気があるようなないような。
約30分のクルーズ後、汐留の浜離宮恩賜庭園で下船。
FH000021_hamarikyu_sakura
桜が綺麗。
しかし、この時期の浜離宮といえば、やはり菜の花畑。
FH000025_nanohana
菜の花をバックに、デジカメを持った腕を伸ばして自分達撮りをしているカップルを見るたびに「撮りましょうか」と声をかけ、素敵な写真を撮ってやった。
そう、我こそが親切な菜の花おぢさんなのだ。
新宿御苑と浜離宮は、散歩好きの僕が特に好きな場所。
最初の2枚のウンコ写真はGR DIGITAL IIで適当に撮影。
残りの写真はNIKON FM3A+Ai Nikkor 24mm F2Sでフィルム撮りしたもの。
安いネガフィルムだからか、色は地味。だけど捨てがたい味がある。
全部ウソです。

トイザらスざます

ちょっと週末にニューヨークまで足を伸ばしてお散歩。
タイムズスクウェアのトイザらスへ。
ニューヨークといえば自由の女神。レゴでできてます。
R0012097toysrus01
キャプテン・ジャック・スパロウ。これもレゴ。
R0012094_toysrus02
これもレゴ。…のわけないか。
R0012098toysrus03
アメリカって、なぜか3~5歳ぐらいの子供に、リアルな赤ちゃん人形を与える家族が多い。
だけど子供は物の扱いが乱暴だから、人形の腕を持って平気で引きずったり振り回したりする。
リアルな赤ちゃんに見えるので、まるで虐待の光景。怖いぞ!
アメリカの親たちよ! 大事に扱うように子供をしつける気がないのなら、リアルな赤ちゃん人形ではなく、くまのぬいぐるみを与えなさい!
全部ウソです。幼い頃、リアルな人形を乱暴に扱っていた記憶がありますが、今思えばそれは弟だったようです。

早朝、ソーホーで競歩~SoCho KyoHo in SoHo~

R0012019_a_ny_off_to_work
職場へ急ぐ人々 in New York
GR DIGITAL IIで撮影。
実はSoHoじゃなくてミッドタウン。
どこの国でも都会の人はせっかちで歩くのが速い。
朝の新宿駅などを見るとそれは顕著だ。
だが、NYの人々はもっと速い。
脚の筋肉をしっかりと使い、大きなストライドで歩く。東洋人とは、腰あたりの骨格の違いもあるのだろう。もともと東洋人よりも足が長いし。
東京のサラリーマンの通勤歩行時速が5.5km/hとするならば、ニューヨークのOLの通勤歩行時速は6.3km/hぐらいはある(完全に当てずっぽうの数字)。
話はそれるが、日本人はよろよろと歩く人が多い。
西洋の国を旅行して帰ってきた時に最初に目に付くのは、この歩き方の違いだ。
特に日本人女性は、ハイヒールやブーツに乗っけられているかのような、ヒョコヒョコと腰が上下する弱い歩き方。
これは西洋人と東洋人の骨格の違いによるものだけではないと思う。だって、東洋系のアメリカ人はやっぱりシャキシャキと大股で歩く。
日本人女性は歩き方で損をしている。もったいないことだ。
スタスタと歩く女性は好きがなくて隙です。
日本人男性でも、「上履きの踵を踏んでダルそうに歩くのがかっこいいと思っている中学生」みたいに、靴の踵で地面をカツカツ鳴らしながらタラタラと歩く大人がいます。たとえ彼のファッションがおしゃれでも、とてもガッカリします。
全部ウソです。僕の歩き方もピョコピョコとして相当おかしいので、遠くからでも正体がバレるのが悩みです。

夜のタイムズスクエアを徘徊

R0011943_times_square01
タイムズスクウェアの夜。
GR DIGITAL IIで撮影。
週末にNew Yorkまで足を伸ばして散歩。
初めてNYを訪れたのは17年前。当時のこのエリア、特に42nd St.は、エロ映画館が並び、道路もデコボコ穴あき状態、歩いている(というより、たむろしている)人々もワケアリな感じで、非常に怖いストリートだった。
それが、90年代の後期に、ジュリアーニ市長による徹底的な浄化政策が行われた(アメリカでは伝説的な再開発成功例)。
そのおかげで、今はトイザラスやディズニーストアが並ぶ(NYにしては)安全なエリアへと生まれ変わった。
東京に例えれば、歌舞伎町の新宿コマ劇場の裏から職安通りへ抜ける風俗ストリートに、トイザらスやディズニーストアなどの店がオープンし、小さいお子様連れの家族で溢れかえる、という光景に近い。日本の政治家がこれをやったら伝説になるね(やる必要ないけど)。
R0011982times_square02
NY名物、意味不明の煙がモクモク。
安全になったといっても、アメリカだからね。
東京とは比較にならないよ。
凸凹のまま修復されないアスファルトとか、かわいいウェイトレスのいいかげんなテーブルの拭き方とか見てると、やっぱり日本人はあらゆることに対して丁寧だと思う。いい意味でも悪い意味でも。
全部ウソです。アメリカこそがナンバーワンです。

温室効果は3年後

onshitsu01_IMG_0770
dygoのお気に入りスポット、新宿御苑の温室。
現在、建て替えのため閉館中。
新温室の開館予定は、なんと3年後の2011年。
onshitsu02_IMG_0764
相当待たされますが、とても楽しみです。
onshitsu03_IMG_0767
写真はすべてEOS KISS DIGITAL XにTAMRONの18-200mmを付けて撮影。
onshitsu04_IMG_0760
全部ウソです。温室育ちの僕です。

一足お先にお花見 in 新宿御苑

2008gyoen01_R0012219
天気がいいのでカメラを持ってお散歩に。
千駄ヶ谷駅で下車。予備校生時代に毎日くぐっていたガード下、懐かしい。
GR DIGITAL IIで撮影。
新宿御苑の千駄ヶ谷門。千駄ヶ谷駅から歩いて3分と近いので便利です。
GR DIGITAL IIで撮影。
2008gyoen02_R0012226
この木なんの木気になる木~♪ ではない。
日立の樹についてはこちら→http://www.hitachinoki.net/
GR DIGITAL IIで撮影。
2008gyoen03_R0012231
カップルの見つめる先に満開の桜が3本。
GR DIGITAL IIで撮影。
2008gyoen04_R0012235
ドコモの発する電波に吸い寄せられた人々。
だいたい、二人一組になって仰向けに伸びているか、腰を抜かして放心状態になっている。
なんということだ…怪電波恐るべし!
GR DIGITAL IIで撮影。
2008gyoen05_R0012242
桜の種類には詳しくないが、寒桜らしい。
GR DIGITAL IIで撮影。
2008gyoen06_R0012241
桜の下では、若い夫婦が生後1~2ヶ月ぐらいの赤ちゃんを抱いて「サクラちゃ~ん」と呼びかけながら写真を撮っていた。美しい名前だ。
両親に抱えられた、桜の下のサクラちゃん。なんか泣けた。
きっと花粉のせいだ。
いろんな種類の桜とか梅とか。
赤、ピンク、白、緑とカラフルで美しい。
EOS KISS DIGITAL XにTamronの18-200mmをつけて撮ってみた。
2008gyoen07_IMG_6730
新宿御苑を新宿口から出て、クリスピー・クリーム・ドーナツ(Krispy Kreme Doughnuts)へ。
もらって食べたことは何度もあるけど、自分で並んだのは初めて。45分待ち。
ドーナツ工場の秘密をGR DIGITAL IIで激写。
2008gyoen08_R0012179
ドリンクメニューに「ICE MILK」とあったので「冷たい牛乳をください」と言ったら、氷の入った牛乳を出された。氷は困る…。溶ける前にマッハで飲み干した。
ドーナツのカロリーを消費するため渋谷まで歩いたら日が暮れてしまった。
GR DIGITAL IIで撮影。
2008gyoen09_R0012210
全部ウソです。

夕やけだんだん

yuuyakedandan
谷中銀座の名物階段にて。
明らかに「夕やけニャンニャン」にインスパイアーされて命名。
しかし、現在の10代の若者は、この「夕やけだんだん」を恥ずかしい名前とは感じないのだろう。
Ignorance is bliss.(無知は至福なり)
軽薄な名前とは裏腹に、ここから見る夕暮れ時の景色はかなり綺麗だそうです。
ちなみに、日暮里~谷根千~上野~アメ横~秋葉原は僕の大好きなお散歩ルートです。
全部ウソです。

そこに私はいません 死んでなんかいません

ohigan_higata01.jpg
Do not stand at my grave and cry
I am not there I do not die
3/21はお彼岸。
先祖のお墓参りに行こうと思い久しぶりに実家へ。
実家でお墓参りに行く準備をしていたらラジオから「千の風になって」が流れてきた。
「♪私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません♪」
あー、そうなのか。そこにはいないのか。
じゃあお墓参りはとりやめだ。
そういえばいい天気だ。
生きている俺様がそれを楽しまなくてどうする。
千葉県習志野市の谷津干潟を散歩することにした。
ohigan_higata02.jpg
干潟は海と直結したでかい水溜まりで、潮の満ち干に合わせて大きく表情を変える。
この時間は干潮なので、水たまりだらけの泥地状態。
信じられないかもしれませんが、満潮時は水位が数メートル上がって、普通の海のような状態になるんです。
ラムサール条約にも指定された、渡り鳥たちの重要な中継地点でもあります。
ohigan_higata03.jpg
「♪朝は鳥になって あなたを目覚めさせる♪」
ohigan_higata04.jpg
「♪千の風になって あの大きな空を吹きわたっています♪」
ohigan_higata05.jpg
ちなみに、谷津はジャイアンツ発祥の地でもあります。
きっと僕のご先祖様は今日、この干潟にもいたのだろう。
全部ウソです。あなたのお墓の前で僕は泣きません。

花よりドーナッツ!?

gyoen_sakura01.jpg gyoen_sakura02.jpg
さくらぁ~!
散歩好きの僕です。
新宿御苑を歩いていたら満開の桜が3本ぐらいあったので、一足先にお花見。
gyoen_sakura03.jpg gyoen_sakura04.jpg
新宿駅南口には「Krispy Kreame Donuts」を求める客の列が。
2時間待ち…。どうやらこちらはサクラではないようだ。
あなたは「オープンしたばかりだから」という理由だけで、スタバや吉野家やデニーズに2時間並びますか?
2年ぐらいしたら、平日に並ばないで入ろうっと♪
全部ウソです。「銀だこ」ができたころ、40分並んだことがあります。

気分は宇宙ステーション

omotesandohills
表参道ヒルズにて。
表参道ヒルズのお店にはそんなに興味がありませんが、デザインは大好きです。
幼い頃、雑誌「小学○年生」に掲載されていた「宇宙ステーションの想像図」を思い出す。光の通し方とか、狭いスペースをいかに工夫して広く使うか、とか。
スペースコロニーを作る時は安藤忠雄さんにデザインを頼むべきだと思う。
ところで、最近は再開発するとなんでも「ヒルズ」って付けてますけどいいんでしょうか?
高級感を感じないどころか、むしろ地方都市で「ヘアサロン 原宿」「スナック 銀座」「カラオケ お台場パラダイス」「古着屋 竹下通り」という看板を見つけた時と似たようなはかなさを感じます。
「新宿タカシマヤタイムズスクエア」「中野ブロードウェイ」も、違和感なく使っているけど、本当は微妙なネーミングだと思う。
どのくらい微妙かって? 「B’z」が「極東エアロスミス」っていうバンド名だったら…、と想像してみましょう。
はげゆく頭を叩いてみれば文明開化の音がする。
やっぱり西洋文化が一番ですね!
全部ウソです。中野ブロードウェイが大好きです。

新宿御苑のススメ

shinjukugyoen
Sunshine on my shoulders makes me happy…
ある晴れた週末に新宿御苑へ。
入場料が200円かかるということもあり、代々木公園のように怪しい人はいなくて、お上品。観光の老人夫婦やファミリー、外国人カップル、片方が外国人のカップル、などが多い。
閉園が16:30と、かなり早いのがちょっと残念だけど、それゆえ安全なのかもしれません。
新宿で映画やお買い物をしたあとに、ぶらぶらするのはいかがでしょうか。
ちなみに、こんな奇怪な生物を目撃できるかもしれません。
全部ウソです。もちろん、僕はあの怪しい代々木公園も大好きです。