「旅:ソウル2008冬」カテゴリーアーカイブ

ソウル2008冬(46・最終回):梨花女子大~新村まで歩く

ソウル2008冬(46・最終回):梨花女子大~新村まで歩く
ソウルの名門女子大、梨花(イファ)女子大学校に行きます。
P1020003_fhdr
学校の前は、女子大生に受けそうなお店が並んでいていい感じです。歩いている人もほとんど若い女性。
P1020005_fhdr
原宿をおとなしくした感じ、またはヒッピーっぽさを薄めた女性版の下北沢といった感じかな。
ヒルフィガーじゃないのね。
P1020007
ここから新村(シンチョン)まで歩きます。
歩道を歩いていると、目の前の歩道の上を車が走ってきました。
P1020008
これはちょうど車道に下りてきたところ。すげーびびった。
黄色の看板のところから車道にまっすぐ出るべきところを、信号待ちしたくないので手前の歩道を走ってきたのだ。
P1020009
ほんとうに怖いのでやめてくれ。
ちなみに、韓国では韓国車ばかりで、日本車は一度だけマーチを見ただけでした。
レストランのポスター。
P1020011_fhdr
女性のリアクションがおかしい。明らかに別の肉に驚いています。
このヒヨコ、凶暴につき。
P1020014
これでソウル2008年冬の旅は終了です。
長い間お付き合い、ありがとうございました。
飛行機に乗り遅れたために旅費が3倍に膨れ上がりましたが、いい旅になりました。
全部ウソです。ソウルって一体どこですか?

ソウル2008冬(45):市庁舎前の清渓川(チョンゲチョン)を歩く

ソウルの市庁舎前あたりを流れている清渓川(チョンゲチョン)を歩く。
R0011484_fhdr
この清渓川(チョンゲチョン)は、70年代にこの上に高架道路が建設され、長年埋められていたのですが、2005年に老朽化した高架道路撤去にともない復元されたそうです。大工事だったに違いない。
かなり人工的な表情の川だけど癒されますね。
東京の日本橋の上の高速道路も、いつかなんとかしてほしいなぁ。
巨大な貝のオブジェ。色使いが韓国っぽい!
R0011481_fhdr
向こうからDOLBY DIGITALの輝くロゴが出てきそうです。
R0011498_fhdr
修学旅行の高校生らしき集団がいました。
R0011490_fhdr
ソウル地下鉄のエスカレーターは、関西と同じく追い越しは左側から。
R0011507_fhdr
全部ウソです。

ソウル2008冬(44):明洞(ミョンドン)を歩く(9)

クリスマス前の明洞(ミョンドン)はイルミネーションも派手。
こちらはロッテホテル前のイルミネーション。
R0011451
不思議の国のアリスをモチーフにしているようです。
R0011456
まぶしいよ~。
R0011464
夜遅くなってきたので、明洞(ミョンドン)を後にします。
日本人と違い、風邪マスクをする人がほとんどいない韓国ですが、珍しく10代後半~20代前半と思われる若い女性二人組がマスクをして一緒に歩いていたので目に留まりました。
すれ違う時、鼻の上に巻かれたガーゼのようなものがはみ出ているのが見えました。
鼻の整形の帰りなのでしょう。連れ整形ってやつですね。
日本だと、人々がマスクをする習慣があるので、卒業後の春休みあたりに鼻の整形をすれば、術後の回復期はバレずに済みますね。で、4月にマスクを取って新しい私に変身、と。
地下鉄の車内にある中吊りディスプレイなんですが…、
R0011471
Windowsがエラーを出しています。
全部ウソです。

ソウル2008冬(43):明洞(ミョンドン)を歩く(8)

Nソウルタワーのある南山を下りて、ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)にふたたび戻ってきました。
路地の貼り紙。
R0011425
「ゴミを捨てるな。見張っているぞ」という内容らしいのだが、血のついた包丁はなに?
怖いよ~。
「名所」という名の焼肉店。
R0011428
「名所は明洞にあります。」
R0011429
スーパー(のり安い)
R0011430
自分のセールスポイントがわかっているのはいいことですね。
「チキン・ヒールホールド」という新しいプロレス技かと思った。
R0011431
やはり韓国のとんかつは「どんかっ」なのね。
R0011440
若者向けの服屋さんの入り口ドア。
R0011442
ヤンキースの帽子をかぶったこの青い後ろ姿は…、彼だよね?
全部ウソです。

ソウル2008冬(42):南山(ナムサン)のNソウルタワーへ(2)

ロープウェイに乗ってNソウルタワーに到着。
韓国ドラマ「美しき日々」でおなじみの八角亭。
R0011385
チェジウが交通事故で来れなくなっちゃった待ち合わせ場所ね。
紅白のクマでできたツリー。
R0011396
近くで見るとけっこうグロいよ。
Nソウルタワー。
R0011392
山の上にあるので、ここの展望台からソウル全体が見渡せる。
誰かが空を飛んでいる。
R0011390
Nソウルタワーの展望台にある男子トイレは、全面ガラスで外が丸見えです。
R0011404
Nソウルタワー脇の金網には無数の南京錠が。
R0011416
2人がずっと一緒でいられますように、っていう願掛けらしい。
「鍵は投げ捨てるな!」と書いてある。きっとこの下は鍵だらけなんだろうなぁ。
R0011410
だけど「金網に南京錠を付けるな!」とは書いてないのね。
いまさら止められないから黙認しているのね。
金網の前でうろうろしていたら、20代前半と思われる韓国人カップルに「写真を撮ってくれ」と、チェキ(インスタントカメラ)を差し出されたので、すごくいい写真を撮ってやった。
きっと僕は頼みやすいオーラを出していたのだろう、いいことだ。
全部ウソです。

ソウル2008冬(41):南山(ナムサン)のNソウルタワーへ(1)

明洞(ミョンドン)の駅を降りて南山(ナムサン)のNソウルタワーへ向かう。
南山へ登る道を確認するため、駅の壁にあるでかい地図を眺めていたら、40代ぐらいの韓国人のおじさんが「ドコヘイキマスカ?」と日本語で聞いてきた。
Nソウルタワーを指差したら「コノ坂ヲ上リマスト近イデス」と教えてくれた。
カムサハムニダ。
では、明洞(ミョンドン)から南山(ナムサン)への急な坂道を登って行きます。
その途中で見た看板とか。
「ビール;ビヤ」
R0011377
「ビール」を「ビヤ」と言い直す意味がわかりません。
日本式 銀座マッサージ。
R0011380
こんな感じのお店です。
R0011381
銀座気功・足。
カルビタンープ、そしてちょっとかわいいコッケジャン。
R0011417
上はビビンバ、下はビビンパ。
R0011418
全部ウソです。ロープウェイに乗り込んでいよいよNソウルタワーへ!

ソウル2008冬(40):三清洞(サムチョンドン)を歩く(2)

三清洞(サムチョンドン)にある旧王宮の景福宮(キョンボックン)を出て、その周りのエリアを歩いてみます。
本屋の看板。イカしてますね。
R0011315
でました“THE”シリーズ。
R0011346
弘大(ホンデ)の近くにも“THE BAR”というバーがありましたね。
これも“THE”ですね。なんか名前をつければいいのに。
R0011347
またまた“THE”発見。流行ってるんでしょうか?
P1010956
これはTHE CAFEとかじゃなくて、ちゃんと店名になっていますね。
コーヒーとビールを出す「MISO」という店。
R0011376
全部ウソです。

ソウル2008冬(39):三清洞(サムチョンドン)を歩く(1)

仁寺洞(インサドン)を離れ、近くの三清洞(サムチョンドン)へ行きます。
このエリアは旧王宮の景福宮(キョンボックン)で有名。
その景福宮(キョンボックン)に行くと、朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した「王宮守門将交代儀式」が行われていました。
P1010923
全員付け髭。なかなかカッコいい。
P1010921
貫禄ありますね。
P1010934
映像で見てみましょう。

小学生の子供たちが建物の中に身を乗り出しています。
R0011325_fhdr
かわいいね。
中はこんなにカラフル。
R0011330_fhdr
日本の神社とは一味違った色ですね。
R0011335_fhdr
古い建物がいっぱい。
P1010937_fhdr
消火器の数がとても多い。やはり火事は怖いからね。
R0011339_fhdr
素敵ですね。
R0011343_fhdr
全部ウソです。

ソウル2008冬(38):仁寺洞(インサドン)を歩く(2)

古い店構えの商店が並ぶ、浅草っぽいエリア、仁寺洞(インサドン)をさらに歩きます。
おなじみのパンチ力測定マシン。
R0011303
この正面のパネルを見ると…
R0011305
過激な対立描写。
めっちゃ怒ってます。
R0011306
怒っているといえば…。
「Beatiful Tea Museum」の看板と対照的なクズ鉄屋(?)。
R0011302_fhdr
リヤカーでクズ鉄を持ち込んできたおじさん。
この直後、何か気に入らないことがあったらしく、クズ鉄屋の人に対してものすごい大声で怒鳴り散らし始めます。怖かった。
怒ってばかりいると不幸になります。
R0011308
「笑談」って、なんだかなごむ言葉だ。
「Caf’e」はちょっとおかしいけど。
入り口までが線路になっている、料理屋らしき家屋。
R0011311_fhdr
全部ウソです。

ソウル2008冬(37):仁寺洞(インサドン)を歩く(1)

古い店構えの商店が並ぶエリア、仁寺洞(インサドン)を歩く。
「観光のために古い街並みを演出している」という意味では、浅草に近いかも。
まずは仁寺洞(インサドン)の商店街入り口で見た有料っぽいトイレ。
R0011290
ボロボロで怖い。いったい何が自動なのかが気になる。
路地とか。
R0011291_fhdr
野菜とか。
R0011292
またまた路地とか。
R0011293_fhdr
仁寺洞(インサドン)のスタバは看板がハングル。
R0011297
「看板が英語じゃないスタバは世界でもここだけ」と聞きましたがホントかどうかはわからない。確かに日本でカタカナの看板を見たことはない。
武道教室のポスター。
R0011300
強そう…。
路上でいきなり弁当を広げて食べ始めたおぢさんがいた。
P1010917
なんか素敵。
全部ウソです。

ソウル2008冬(36):ソウル地下鉄のトイレ案内はとても親切

新村(シンチョン)で見た24時間営業の銭湯の看板。
R0011280
50Mって…、この位置に路上駐車することが前提になってるのね。
ソウルの地下鉄自動改札の横にある特別ゲート。
R0011282
ソウルもsuicaみたいなシステムなので、一番端にこのような特別ゲートがある。
左から「ベビーカーの人」「車椅子の人」と来るが、一番右が不明。
急いでる人?
ちなみに、まったく券を持たずにここから堂々と出て行くおばさんを見ました。
不思議です。
ソウルの地下鉄で感動したのはトイレへの丁寧すぎるナビゲーション。
R0011284
電車を降りたホームにあった95mの案内。
R0011283
ここからたった35m歩いただけで…
60mの案内。同じホームだし、曲がり角でもないので、迷うこともないのに。
R0011285
親切すぎる! そしてさらに25m歩くだけで…
35mの案内。
R0011286
そしてこんどはたったの3m歩くだけで…
32m!
R0011287
これはすごい!
僕はトイレが極端に近いので、ぜひ東京もこれを見習って欲しい。
全部ウソです。

ソウル2008冬(35):明洞(ミョンドン)を歩く(7)

地下鉄の明洞(ミョンドン)駅から市庁(シチョン)駅まで続く地下道をさらに歩く。
ナイスな店です。
R0011252_myondon45
謎の「すじ特許パーマネント」
R0011257_myondon46
「全身ぜんしんマッサージ」って徹底的に全身をやってくれそう。
「気軽」の漢字が立派すぎて気軽に入れない。
R0011258_myondon47
壁のオブジェ
R0011263_myondon49
走ってます。
R0011262_myondon50
裸の女性をエロい目で見ている人
R0011264_myondon48
緑の地下鉄と緑の自販機。
R0011268_myondon51
ちなみに、韓国の地下鉄は車体が大きく広々としています。
例えば、銀座線や大江戸線よりも中央線や横須賀線は大きいですが、それよりもさらに大きいようです。新幹線ほどではないけど。
全部ウソです。

ソウル2008冬(34):明洞(ミョンドン)を歩く(6)

地下鉄の明洞(ミョンドン)駅から市庁(シチョン)駅まで続く地下道を歩く。
ちょっと何言ってるかわかんないんですけど…。
R0011240_myondon36
パスポートがなかったらダメでしょ。
カラーユンタクト
R0011241_myondon37
一番下に小さく書いてある「明るい世の中を作っている人達」というのが気になります。
萌え系キャラの切り貼りもナイス。
わかりやすくてよろしい。
R0011242_myondon38
「様」も微妙に違うんだね。
「高級あっらえの洋服オダーメイトスツ専門店」
R0011245_myondon39
高級淑女風
R0011247_myondon40
おしゃれ
R0011248_myondon41
ここはここにあります。
R0011249_myondon42
DAIGOの本名って内藤大湖なんだよね。
R0011253_myondon43
彼が韓国に行くとタイホーと呼ばれるわけだ(韓国語はダとタが曖昧なので)。
貴公子洋服店
R0011256_myondon44
つまりDAIGO御用達の店なのだろう。
全部ウソです。

ソウル2008冬(33):明洞(ミョンドン)を歩く(5)

ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)に夜がやってきました。
カフェに上がる階段。
R0011212_myondon29
この階段、段ごとに高さがバラバラなのでとても怖い。普通に上り下りしていても、1段踏み外した時みたいに足首と膝がガクッとなるので非常に危険。アキレス腱が切れちゃうぞ。
ソウルでは、このほかにも段の高さにばらつきのある階段がいくつかありました(新しい階段でも)。
日本だと、古い神社の石段とかでもちゃんと揃っているのだが。
巨大なスニーカー。
R0011226_myondon30
チェ・ホンマンのよりもずっと大きいです。
ロゴが白いスターバックス。
R0011227_myondon31
グリーン以外って初めて見た気がするが、日本にもあったっけ?
ナウでヤングなファッションのメッカ「ロッテヤングプラザ」。
R0011238_myondon32
ロッテヤングプラザの向かいにはこんな屋台がある。
R0011228_myondon33
いいギャップだ。
「ロッテヤングプラザ」の横にある百貨店「AVENUEL(アヴェニュエル)」。
R0011235_myondon34
冬仕様のイルミネーションが綺麗。
ロッテヤングプラザ前の交差点で360度ぐるりと回ってみました。

全部ウソです。

ソウル2008冬(32):明洞(ミョンドン)を歩く(4)

南大門市場(なんだいもんいちば、ナムデムンシジャン)から、ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)に戻ってきました。
しつこく美脚。
R0011200_myondon22
日本人観光客を集めるためか、日本人の寄せ書きを看板に掲げたレストラン。
R0011201_myondon23
よく見るとスペルが…。
(誤)derisious→(正)delicious
仙台のさよこちゃん、字がうまいだけに惜しい!
ストッキングの包装。
R0011202_myondon24
はけるのかはけないのかどっちなんだ!
「パソプス」「ディリー」「タイッ」あたりは定番ですね。
R0011203_myondon25
「リ」が全部カタカナであることも見逃してはいけない。
「サボート」
R0011204_myondon26
お笑いコンビ「ナイツ」のネタの世界ですね。
ちょっと雑なディスプレイ。
R0011205_myondon27
ピンクのパンツに、重ね着のルーズなタンクトップをインで!
チズロール。
R0011207_myondon28
そろそろ明洞(ミョンドン)にも夜が訪れます。
全部ウソです。

ソウル2008冬(31):南大門市場を歩く(2)

明洞(ミョンドン)の近くにある繁華街、南大門市場(なんだいもんいちば、ナムデムンシジャン)を歩いていくと、南大門のある大通りに出ます。
白バイ警官(男3人、女1人)が露店に群がっている。
違法露店の取り締まりか!?
R0011185_nandaimon08
どうやら、ただのおやつ休憩らしい。
近寄ったら、陽気な警官が日本語で「オイシィ~」と言ってきた。
じゃあ食べるしかない!
ホットケーキみたいな生地に目玉焼き状のタマゴが乗ってる。
R0011188_nandaimon09
美味しかった!
…と、さっき去ったばかりの警官が戻ってきた。
なにかと思ったら、ヘルメットを屋台に置き忘れたので取りに来たのだ。
左にちょこっと写ってるのが置き去りにされていた白いヘルメット。
なかなかユルい感じで親近感が沸いたぞ。日本の交番のおじさんみたいだな。
2008年2月に放火によって全焼してしまった南大門。
現在は再建中で、工事の壁に書かれたイラストがとても寂しく見える。
R0011184_nandaimon10
近寄って壁の向こうを見ると、工事中の新しい南大門が見える。
R0011192_nandaimon11
文化財に火をつけるなんてひどすぎる。許されない行為だ。
南大門を離れ、明洞(ミョンドン)方向へ歩く途中で見た両替の店。
R0011194_nandaimon12
もっとあげます。
ジュス。
R0011196_nandaimon13
防寒用なのか、鼻の整形後の保護用なのかはわからない。
R0011198_nandaimon14
ちなみに、噂どおり韓国人の整形率は非常に高かった。
目はよくわからないけど鼻はわかりやすいのがチラホラ。
全部ウソです。

ソウル2008冬(30):南大門市場を歩く(1)

明洞(ミョンドン)の近くにある繁華街、南大門市場(なんだいもんいちば、ナムデムンシジャン)を歩く。
ここは小さな商店と露店ばかりで、非常にアメ横っぽい。
R0011179_nandaimon01
「メッサ8ツソ グウムシックパックァゾム」は韓国語の読みをカタカナにしただけ。
R0011172_nandaimon02
きっと韓国人にとって日本語はクールなのだろう。
日本人がなんでもかんでもローマ字で看板を出すのと似た感覚か。
例えば「ホタル」というスナックの看板には「FIREFLY」ではなく「HOTARU」と書き添えるように。
同じ看板を見ると「Pepartment of meals」と。
R0011173_nandaimon03
おそらく「Department of meals」という手書き原稿が、転記の際に間違えられ、そのまま誰にも気づかれないまま印刷されてしまったのだろう。ペパーミントみたいでかわいい。
DをPと間違えるなんて、もしこれがデニス君だったらとっても困っちゃいますね。
こういう系統の誤植で有名なものに、ゲーム雑誌のレースゲーム紹介記事で「ここでアクセル全開、ハンドルを右に!」にすべきところが、手書き原稿の字が汚すぎたので「ここでアクセル全開、インド人を右に!」と印刷されて世に出てしまったという話がある。
美尻。
R0011176_nandaimon04
怖い。生え際が…。
R0011177_nandaimon05
首から下の無機質な金具の台に、永井豪の描く世紀末バイオレンス描写を思い出してしまい、背筋が凍りました。
朝鮮人参もたっくさん。
R0011180_nandaimon06
このブログのために、卑猥な形の朝鮮人参を探しちゃう僕です。
見つからなかったけどね。
アメ横とか中野のブロードウェイとか浅草にありそうな路地。
R0011181_nandaimon07
いよいよ南大門(放火によって全焼したので再建中)に向かいます。
全部ウソです。

ソウル2008冬(29):明洞(ミョンドン)周辺を歩く(3)

ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)を歩く。
風変わりな格好の客引き。石焼ビビンバブ。やき~にく。
R0011160_myondon15
ブルースブラザーズも「どんだけ~!」の眼鏡屋。
R0011161_myondon16
チョーやすい店。
R0011162
もちろんジョン・ベルーシもいます。
R0011163
カラ
ーコソ。
R0011165
「はめてみてOK!」と言われるとドキドキします。
特別イベント「パンパン」ってなんだろ?
R0011166
明洞(ミョンドン)の地下道のポスター。
R0011170
なんとなく幼い頃の姉と弟に似てる。特に弟。
全部ウソです。

ソウル2008冬(28):明洞(ミョンドン)周辺を歩く(2)

ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)を歩く。
アメリカに超有名な下着ブランドVitoria’s Secretがありますが、それを意識したとしか考えられません。
R0011154_myondon09
いくら下着屋でも冬にこのファッションはちょっと…。
R0011153_myondon08
自動販売機に興奮する幸せなカップル
R0011155_myondon10
「COFFEE & CAN」って…、ちょっと違う気がする。
ソウル名物の美脚シリーズふたたび。
R0011156_myondon11
IKKOさんご口店!!
R0011157_myondon12
追加でおまけをどうするの??
またまた美脚。
R0011158_myondon13
しつこく美脚。
R0011159_myondon14
全部ウソです。脚フェチなわけではありません。

ソウル2008冬(27):明洞(ミョンドン)を散策(1)

ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)を歩く。
東京でいうと渋谷・新宿にあたる、とても賑やかなエリア。
ショッピング目的の日本人観光客も多いためか、日本語の看板も多く見られます。
アメ横風の露店とクリスピー・クリーム・ドーナッツ。
R0011145_myondon01
韓国のクリスピー・クリームは店舗数も多く、日本のような長蛇の列は一切ありません。
「お見せいただければ」をなぜか復唱。
R0011142_myondon02
ここにも美脚。
R0011146_myondo03
僕ドラえもんですむにだ。
R0011148_myondo04
「しぶや」という名の食堂。
R0011149_myondo05
寿司屋みたいな毛筆体のロゴがいいですね。
ビルの2階でシャブを販売しているようです。
R0011150_myondo06
外は寒いのにショーウィンドウは気合いが入っています。
R0011152_myondo07
しばらく明洞(ミョンドン)を歩き回るのでお付き合いください。
不思議な日本語も続々登場予定!
全部ウソです。