「英語・留学・海外文化」カテゴリーアーカイブ

Don’t smoking here!

IMG_1457_Do not smoking
Don’t smoking here!

Don’tで始まる禁止の文には動詞の原型を使うので、文法的には「Don’t smoke here!」 が正しいです。
しかしこの文章、文法を正しくしてもニュアンス的には「ここでタバコ吸うんじゃねぇ!」と乱暴に聞こえてしまいます。

そこで、一般的な「禁煙」の言い回しである
No Smoking (禁煙)
とか
Thank you for not smoking (禁煙ご協力ありがとう)
を使うといいですね。

後者は柔らかい言い方で好きです。日本人の感性にも合いますね。

全部ウソです。何度も言いますが僕の半径3メートル以内もThank you for not smokingです。

ぷる

R0011625_pull

「P」の中にひっそりと佇む「引」という字の慎ましさ。
そういう人に私はなりたい。

ちなみに、最近よく見る英語版の営業中/準備中の札ですが、
CLOSE(動詞)ではなくCLOSED(形容詞)が正しいです。

省略しない表現は

We are open/closed.
The store is open/closed.

ですので形容詞を使います。

「じゃあなんでopenはopenedじゃないの?」という声が聞こえました。
いい質問ですね。

openは動詞も形容詞も同じなんです。
見た目は同じですが、ちゃんと形容詞として使われているんです。

全部ウソです。閉店ガラガラ~