【イタリア2016夏】(8)パルマへ!…イタリア人の運転やべぇ

イタリア2日目の朝。

マルペンサ空港近くのホテルからパルマまで向かいます。

レンタカーはボロクソワーゲンのボロ。

01 IMG_0389-001

新しいのにボロ。

ところで「GOLFとPOLOって見分けつかないんだけど何が違うん?」と思い調べてみた。

簡単に言うと大きいのがGOLF、小さいのがPOLO。

トヨタでいうと、

GOLF→プリウス(3ナンバー)
POLO→アクア、ヴィッツ(5ナンバー)

ですね。

さて、マルペンサ空港からパルマへは高速で2時間強。距離は約180キロ。

東京から軽井沢または伊豆に行くのとほぼ同じ距離。

スマホのGoogle Mapsのナビだけを頼りに出発です。

Googleさんに頼りっきりになる旅なので、バッテリー切れは死を意味します。

そこで事前に以下の道具を用意しました。

02 IMG_3925

(1)海外用Wi-Fiルータ → スマホでローミングするより安上がりだから。今回は「イモトのWi-Fi」を選択。結果的に超満足。

(2)大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」 → スマホを2~3回フル充電できるので精神衛生上のメリット大。

(3)シガーソケット用USB充電器「Anker PowerDrive+ 2」 → スマホナビはGPS使用&画面常時点灯でバッテリーを激しく消費するので車内常時充電が必須。

(4)高速充電対応の充電器「Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0」 → 「いつどのタイミングで充電できるかわからないのでなるべく早く充電したい」という僕の神経質さが理由。

(5)高速充電対応の充電ケーブル「Anker PowerLine Micro USBケーブル」 → (4)と同じ理由。

なぜかAnker製品ばっかりだが深い意味はない。

さあ、出発だ!

運転手は僕。ナビ担当は助手席の友人K君。

03 IMG_0392ナビ

高速に乗りました。

ぎゃー!!!

速い! めっちゃ怖い!

・スピードは時速120~130キロが当たり前。

・時速130キロで走っていても時速160キロ超の車があっという間にケツにピタリと付いてきて、譲ったらすごいスピードで抜き去っていく。必ずと言っていいほど飛ばすのがベンツ、アウディ、BMWの高級ドイツ車(フォルクスワーゲンはそうでもない)。「車の性能が高い」「そういう性格の人がそういう車を選ぶ」が大きな理由かと。

・速いだけじゃなくて雑。基本的にウインカーは出さない。

・車線ギリギリまたは車線からはみ出た状態で平気で走る。

・速いのに車間がめっちゃ狭い。

僕、運転マナーが最低と呼ばれる岡山(「岡山、運転マナー」で検索ください)で毎日運転しているんですけど、マジで面食らいました。

岡山だってスピード出すし、ウインカー出さずに急減速したり無理な車線変更したり、めっちゃ狭い車間で走ったりするんですよ。

岡山人をもっと雑にした感じ。

こいつら…スーパー岡山人だ…。やべぇ。

マジで目の前の光景がハリウッド映画のカーチェイスみたいなんです。

ウインカーを出すのは自分が困ったときだけ!
04 2016-07-008

このように、ギリギリのスペースに入り込みたい時だけウインカーを出す。

隣の車線にはみ出した状態で平気で走る!
05 2016-07-007

実際にこれを見てくれ。

この車、車線変更の途中なんかじゃないんだぜ。
06 IMG_3025-001

さっきからず~っとこうやって隣の車線にはみ出したまま走ってる。バカだろう?

ほら、ずっとこのままだろ?
07 IMG_3026-002

しかもこの3台の車間を見てくれよ。

マラソン中継みたいな望遠カメラの圧縮効果とかないから。

これほんとうに見たままのすっごい狭い車間だから。

もう僕は完全にビビってしまい、友人K君が「慣れるまでは低速車線を走ろうか」と提案。

はい、ぜひそうしましょう。というか、そうさせてください。

ところが一番右の低速車線を走ると、今度は大型トラックばかりで前が見えなくて怖い。

結局、3車線のうちの真ん中の車線をがんばって走ることにしました。

流れに乗って時速120~140キロです。

デロリアンなら余裕で過去に行ける速度(時速144キロ)。

この時、ドイツ車の優秀さを痛感しました。

「あ~ドイツ車ってこういうアウトバーン(イタリアはアウトストラーダ)でしっかり走れるように設計しているんだな~」と。

ポロすげーよ。小型車だけど走りの感触は同等サイズのヴィッツよりも中型のプリウスに近い。

加速、ブレーキ、走りの安定感、どれも素晴らしい。すっごい安心感。

ドイツ車バンザイ!

結局、今日のブログもパルマにたどり着かずに終わってしまった。

このままパルマに行けずに帰国の日を迎えそう…。

全部ウソです。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*